BLIEK WATCH COMPANY

BLIEK WATCH COMPANY 修理のご依頼
修理
修理

2000年創業からの確かな実績

  • 当店でお買い上げの腕時計は全て情報管理し、スムーズにメンテナンスを受付。長く愛される腕時計こそ、アフターサービスも充実している当店にお任せください。

  • オメガ・ロレックス・ブルガリ・タグホイヤーなどの修理実績多数。豊富な経験に裏付けされた正確で丁寧な対応をさせていただきます。

  • 修理のご依頼はメールで24時間受付。修理の進捗も常駐スタッフからメールでお品物のお返しまで一貫して対応させていただきます。

修理に最適な環境・設備

  • 水を使わない防水試験機にて安全に防水性能の試験を行います。こちらの試験機では200m(20気圧)防水までの試験が可能です。

  • 腕時計はスマートフォンなど電子機器の磁気の影響で正確な時を刻むことができなくなります。その際は専用機械で磁気を抜く対応をいたします。

  • 工具などで傷付けずに裏ブタを開けることができる専用オープナーです。

  • 腕時計内部の繊細なパーツを専用のカゴに入れて洗浄する、部品洗い専用の機械です。超音波でわずかな汚れも落とし切ります。

  • 液晶表示のタイムグラファー(機械式時計の動作状態を測定する機械)です。精度の高い修理、オーバーホールには欠かせない設備です。

  • 修理完了後のファイナルテスト・姿勢差のテストを行う自動巻テスター。お客様のお手元に戻った時の環境を再現します。

修理の流れ

  • STEP1お問い合わせ・ご依頼

    「修理のご依頼」よりお気軽にご連絡ください。詳細を確認し3営業日以内にメールにてお返事致します。

  • STEP2発送 お客様→弊社

    弊社からお送りいたしますメールに、発送いただく際の注意事項、住所を記載しております。ご連絡より1週間以内をめどにご送付ください。

  • STEP3見積り・修理

    時計の到着から約10~14日前後で、お品物の詳細確認結果・またはお見積内容をメールにてご連絡致します。ご了承頂けましたら、修理作業を開始します。

  • STEP4発送 弊社→お客様

    修理完了後、出荷時にご連絡いたします。配達時間帯指定をご希望の場合は、事前にご連絡下さいませ。

※メーカーのオリジナルパーツが必要な場合は、当店からメーカーに直接修理を出させていただく場合がございます。

修理のご依頼はこちら

メンテナンス・修理内容

ボタンclickで下記に詳細が表示されます

オーバーホール

オーバーホールとは、ムーブメントの分解掃除の事です。
経年劣化などにより歯車の磨耗や潤滑油の劣化・乾きなどが発生し、時計の精度や持続時間などが悪くなります。
定期的にオーバーホール・磨耗品の交換などをする事で時計のコンディションを維持し末永くご使用する事が出来るようになります。
一般的に機械式のムーブメントの場合は、3~4年に1回のオーバーホールが理想とされています。納期、お見積もり内容は時計の状態に大きく影響されますので都度お出しいたします。

工程

1.点検

受入時の状態を確認します。時計の動きや精度、リューズ操作やボタン操作などケース・ガラス・ブレスのキズチェック。

2.ムーブメントを取り出す

専用オープナーで裏ブタを開け、ケースからムーブメントを取り出します。

3.分解

ムーブメントをひとつひとつ分解し 歯車の磨耗など部品の交換が必要か確認しながら進めていきます。

4.洗浄

パーツが紛失しないように専用の網カゴに入れ洗浄します。
ケース・ブレスはブラッシングにて表面の汚れを取り除き、超音波洗浄機にてケース・ブレスの洗浄。よく乾燥させます。

5.ムーブメントの組立て

組上げるパーツを30倍の顕微鏡にて微量なゴミが付着していないか確認し、組上げて行きます。各パーツの注油は種類や量が有るので 適切に注油します。

6.タイミング調整(精度調整)

組上げたムーブメントを精度テスターにて測定し、緩急針の調整をし精度を調整します。

7.ケースにムーブメントを取り付ける

ケース・ガラス内側にホコリが無いか確認・除去します。
ムーブメントにダイヤル・針の取付をして、ケースに入れ、裏ブタパッキンにシリコングリスを塗布し 裏ブタを閉めます。

8.防水テスト

時計の防水がされているか 防水試験機にてテストをします。

8.ランニングテスト・完成

自動巻テスターを使い、実際の時差の確認やカレンダーの動きなどの確認をし、最終調整。問題が無ければ修理完了となります。

電池交換

電池はおよそ2~3年で残量がなくなります。 電池切れのまま置いておくと液漏れなどが生じ、内部の機械を腐食するおそれがありますので、 修理費用が高くなるおそれがあります。
当店では、購入1年以内の電池切れは無償で電池交換いたします。

工程

1.点検

受入時の状態を確認します。リューズ・ボタン操作。ケース・ガラス・ブレスのキズチェック
時計が止まっているか確認。2針の場合、時間は違っているが運針中の物もあります。テスターにて残留磁気の確認も行います。

2.電池電圧の確認

裏ブタ周りの汚れをブラッシングし裏ブタを開け、電池を外し電圧を計ります。テスターにてムーブメントの消費電流も計ります。

3.電池の交換

測定の結果、問題が無ければ新しい電池を入れます。裏ブタを閉め時間を合わせます。

4.ランニングテスト・完成

精度や持続時間に問題がないか、経過をチェックします。
ランニングテストに問題無ければ修理完了となります。

針、インデックス取れ

落とす、ぶつけるなど腕時計に強い衝撃を与えてしまうと、針やインデックス(文字盤上の数字、バー)が外れることがあります。
腕時計は精密機械です。衝撃などで思わぬ故障に繋がります。
ガガミラノ マヌアーレ48mmのダイヤル・インデックス外れの事例をご紹介します。

※当店ではパーツのご用意が有りません。パーツの欠損がない場合を除き、外装修理は直接メーカーのカスタマーセンターにお問い合わせ頂き修理に出される事をお勧め致します。

工程

1.バンド、ベゼルを外す

ケースからバンドを外します。球面ガラス側のベゼルを外し、外れたインデックスを取り出し接着面の汚れを除去します。

2.インデックスのゆるみチェック・取り付け

外れていないインデックスのゆるみをチェックして、ゆるんでいるものは同様に取り付けします。
ダイヤル側に接着剤を付けインデックスを取り付けます。

3.ベゼルを取り付けて 最終仕上げ

ダイヤル、球面ガラスの内側の汚れ・ホコリを除去
検品を行い問題無ければバンドを取り付けし、ランニングテストを経て完了となります。

修理内容のトップに戻る

よくある質問

- 故障かな?と思った際にご覧ください - 質問一覧はこちら

別ウィンドウで開きます

修理のご依頼

修理依頼フォーム

受付から3営業日以内にご返信いたします。

ページトップへ