よくある質問

修理の依頼方法は?
ご依頼フォームからのご依頼、もしくは店頭にお持ち込みでのご依頼となります。
修理の見積もりをしてもらった後でキャンセルできますか?
キャンセル可能です。
※代理店に見積もりを出す必要があり、キャンセル料がかかる場合は事前にご連絡致します。
オーバーホールを頼めばいいのか、修理を頼めばいいのか分かりません
修理内容をご指定いただかなくても、時計を拝見しベストな修理プランとお見積もりをご提案致します。
お見積もりに納得いただけなければキャンセルも可能です。
修理後の保証はありますか?
返却日から6ヶ月です。
修理代金の支払い方法を教えてください
銀行振込となり、お振込確認後に修理を進行致します。
ブルークウォッチカンパニー以外で購入した時計も修理できますか?
対応しております。
どんな時計でも修理していただけますか?
生産終了、廃盤商品、相当の年数を経た時計に関しましては部品調達が困難となり修理をお受けできない場合がございます。
修理対応不可の場合は理由をお知らせして返却致します。
オーバーホールって何ですか?
時計の分解掃除・メンテナンスのことです。ムーブメント(歯車などの機械)を分解し、洗浄、組立、注油、精度調整などを行います。
また、不具合を発見した場合は不良箇所のパーツ交換なども行います。
詳しくはこちらをご覧ください。
オーバーホールにかかるおよその費用と期間を教えてください
詳しくはこちらをご覧ください。
オーバーホールはどれくらいの期間で行う必要がありますか?
3〜5年の定期的なメンテナンス(オーバーホール)をお勧めしています。
放っておくと経年劣化、汚れや微量な水滴が原因による錆により時計の寿命が大幅に短くなります。それだけでなく損傷を長く放置することで修理が長期間になる、パーツ交換によって費用が高額になる恐れがあります。
詳しくはこちらをご覧ください。
風防(ガラス部分)が割れた/ヒビ割れ/キズなどの外装修理はできますか?
純正パーツの取り寄せ、または新たにパーツを作ることで対応致します。
ベルト交換はできますか?
純正パーツを取り寄せて対応致します。
ブレスレットタイプのベルトの長さ調整はできますか?(短くしてほしい・長くして欲しい)
サイズをお伺いした上で、短く調整する事が可能です。ベルトの長さをプラスする場合は、お手元にコマと呼ばれる部品があれば対応致します。
本来の長さ以上をご希望の場合は対応致しかねます。
全体的にあるキズや打痕は綺麗になりますか?
当店の「新品仕上げ」で小さな傷は綺麗にすることは可能ですが、打痕や深いキズは残ってしまします。 また、メッキの物は小キズ程度は対応できますが、メッキが薄くなる場合がある為お勧め致しておりません。
詳しくはこちらをご覧ください。

時計の「こんな時はどうしたらいいの?」

文字盤のインデックスや針が取れた
取り付けいたしますので、修理をご依頼ください。
インデックスや針は衝撃などが原因で外れる場合がございます。衝撃でムーブメントにも不具合が出ている可能性も考えられる為、インデックスや針の取付以外にオーバーホールをご案内する場合がございます。
ねじ込み式リューズがねじ込めません
少しケース側に押し付けてリューズをねじ込んで下さい。汚れなどが詰まっている場合は、歯ブラシなどで汚れを除去してから再度お試し下さい。
改善されない場合は、何らかの不具合が考えられます。修理をご依頼下さい。
カレンダーが動きません
一度リューズにて針を進め、午前0時を過ぎても動かないかご確認ください。午前午後が逆転している可能性がございますので、念の為もう一度針を進め12時を過ぎてカレンダーの動きをご確認下さい。
動かない場合は、不具合が考えられますので修理をご依頼ください。

リューズ操作での早送りが出来ない場合は、「カレンダー早送りの禁止時間帯」での操作が考えられます。
機械式時計には 「カレンダー早送りの禁止時間帯」があります。個体差はありますが、概ね午後9時〜午前3時頃はリューズ操作でのカレンダー早送りは故障の原因となる為行わないで下さい。禁止時間帯を避ける為に、一度針を6時に進めてから、カレンダーの早送りをお試し下さい。
動かない場合は、不具合が考えられますので修理をご依頼下さい。
時間が遅れたり進んだりして精度が安定しません。
【機械式の場合】
毎日同じ使い方をしていて、急に症状が出た場合は磁気などの影響が考えられます。磁気抜き、及び原因を特定いたしますので修理をご依頼ください。
使う頻度が低い場合は巻上げ不足などが考えられます。リューズにて30回程ゼンマイを巻上げてからご使用下さい。
改善されない場合は、修理をご依頼ください。

【クオーツの場合】
使用中に遅れたり進んだりする場合は電池切れ、または身の回りの磁気の影響が考えられます。一度、時間を合わせ直しテーブルなど周りに磁気を発するもの(スマートフォンなどの電子機器、磁石が留め具のカバンなど)が無い所に時計を置き、後日時間をご確認ください。
正常に動き出す場合はそのままご使用できますが、改善されない場合は修理をご依頼ください。
リューズが抜け(折れ)てしまいました
リューズは構造上、強く引っ張る力が掛かると抜けてしまいます。抜けたものを無理やり戻しますと故障の原因となりますので、修理をご依頼ください。
リューズが残っていれば取付のみで対応出来る場合がございますが、紛失してしまった、巻芯(リューズに付いている心棒)が折れている場合は、リューズ交換が必要となります。
ガラス内部が曇っている/水滴がついている
ガラスが曇り、しばらくすると戻る場合は、一時的な温度差などで発生する事がある為問題ありません。
曇りが取れない、水滴がついている場合は錆や故障の原因となるため早急に修理をご依頼ください。