ブルークウォッチカンパニー 中途採用

Menu

社員からのメッセージ

マーケティング

社内のビッグデータを活用して様々な戦略にチャレンジできます!

バイヤーとしての経験

 「インターネット販売」という業種に興味をもって2009年に入社した私は、入社して一年でほぼ全ての業務(ロジスティクス、WEB制作、マーケティング、時計登録、バイヤー)を経験し、
 ・WEBサイトの仕組み
 ・WEB広告運用
 ・商品仕入れ
など、一通りのECサイト運営のノウハウを学びました。この一年のなかでも特に「リスティング広告」運用での成果が認められ、数字を扱う仕事が向いていると評価されて、最終的にバイヤーチームに配属されることとなりました。

 そして最初に任されたのが「昨日の実績をチーム内で共有する」という仕事でした。
「実績を共有するだけ?」と思われるかもしれません。しかしこの実績データは当社バイイングを行うための頭脳の塊であり、このデータの集計スピードをあげて共有するということは、バイイングのスピードを速めることに直結します。また当社のバイヤーは商品を仕入れるだけでなく、システムを使って仕事やバイイングを効率化することを重要な業務の一つとしているため、私はその「実績の共有」を効率化するために上司からシステム開発を教わり、10分以上かかっていた作業を翌日からボタン一つでできるようにするなど改善を行いました。
 このように、当社は2000年に創業してから蓄積されている全ての実績データを多角的に活用することで精度の高いバイイングに繋げているのです。

マーケティング担当へのステップアップ

 バイヤーに配属され約5年間、バイヤーとマーケティングの業務をずっと兼任していましたが、数値分析力が認められて2016年にマーケティング専任担当者になり、2017年初にはマーケティング担当課長に昇格しました。

 マーケティング専任になってからは、社長の青松とCOO加藤も同席のもと週に2回の「戦略会議」をスタートさせました。戦略会議では私が中心となって実績分析やバイイング・マーケティング戦略の方針策定を行います。さらにサイト改善やSEO対策、販促メルマガやセールイベント企画もここで決まります。社長とCOOが同席しているため意思決定までのスピードが早く、決まった戦略を即座に実行することができるのです。
「戦略会議」をスタートしてから、それまでしばらく停滞していた業績がV字回復しはじめ、マーケティングがいかに大切か改めて実感すると共に、その責任の大きさに緊張感を持って仕事に取り組んでいます。自分が考えた戦略がトライアンドエラーを繰り返しながら最後に成功した時の達成感は何とも言えません。

 2016年には大阪心斎橋に実店舗がオープンするなど、事業拡大により攻めの人材が不足していて現在一緒にマーケティング施作を進めていける仲間を募集しています。「数値が好きで結果を出すまで諦めない」という方にぴったりの仕事内容だと思います。
 私もまだまだ未熟で日々勉強中ですが、共にダイナミックなマーケティング施策を進めていきましょう!