1. トップ>
  2. 腕時計の基礎知識>
  3. 基礎知識トップ
手巻き時計
手巻き式とはメカニカル(機械式)時計の基本型で、動力源のゼンマイを手動で巻き上げる腕時計の事です。現在の腕時計は、ケースの横についたリューズを回して、ゼンマイを巻き上げます。ゼンマイは1500年頃にドイツ人のピーター ヘンラインが発明しました。ゼンマイを動力源にした携帯用時計「ニュールンベルグの卵《がその起源とされます。その後、イギリスやフランスで様々な機構が開発され、16世紀末に小型化された懐中時計となり、1810年にはブレゲが小型時計に金属チェーンをつけた腕時計を製作しました。一般的な手巻き時計は1回の巻上げで約36時間動きます。現在では10日間動く時計も製造されています。
>>>>>>>>>