1. トップ>
  2. 腕時計の基礎知識>
  3. 基礎知識トップ

自動巻き時計

自動巻き式とは、時計の基本構造は手巻きとおなじで、ゼンマイをローター(回転錘)で巻き上げるシステムを採用しています。ローターは通常、ゼンマイを収紊している香箱車の上にあり、時計を装着した腕を振ることで回転します。その回転力でゼンマイを巻き上げるのが自動巻きのシステムです。この基本システムは18世紀に老舗ブランドであるペルレの創始者アブラハム・ルイ・ペルレが発明し、パーペチュアルと呼ばれました。腕時計が普及し始めた1920年になってイギリスのジョン・ハーウッドが腕時計にこの機構を採用されたことで、瞬く間に腕時計の主流となりました。

>>>>>>>>