1. トップ>
  2. 腕時計の基礎知識>
  3. 基礎知識トップ

クオーツ時計

クオーツとは水晶振動子が発する規則的な電気信号を利用した時計で、1969年にセイコーが腕時計に搭載。1970年代には時計の主流となりました。メカニカル時計従来のムーブメントの代わりにモーター駆動式ムーブメントを搭載したアナログ表示タイプと、文字盤に液晶ディスプレイを採用して数字などを表示するデジタル表示タイプの2種類があります。両タイプとも電気を動力源としメカニカル時計のように多数の歯車を組み合わせなくて済むために、小型軽量化が可能で、大量生産による低コストを実現。さらに動力源として太陽光発電を利用した充電池や、メカニカル時計と組み合わせゼンマイの力で発電させるなど、様々なバリエーションがあり、いずれも時間の精度が非常に高いのが特徴です。

>>>>>>>>